だから僕は海外に出る、さあ君も

「日本って何か変だなぁ」という疑問を胸に、思い切って海外脱出した著者が、海外からの視点で日本の社会問題や海外脱出アドバイスを綴るブログ。日本の奴隷的な長時間労働にうんざりしている人、ナショナリズム台頭・人口減・財政難の日本の行く末を危惧している人、協調性という名の同調圧力に耐えられない人、とにかく自分の殻を破ろうと思っている人、そんなあなたに『海外に出ること』を選択肢の1つとして提案する。

だから僕は海外に出る、さあ君も - ニートのガラパゴス日本脱出日記

ガラパゴス化している日本の奴隷的な労働環境と保守的な社会構造に適応できずに海外脱出したニートが海外視点で綴るブログ

仕事なんかクソだろ? 就活やめて日本を出よう! 奴隷やめて海外に出よう! 語学を学び世界に出よう! 「仕事なんてクソだろ」が売り文句の「ニートの海外就職日記」に影響を受けた、あるニートのブログ

労働・サービス残業・ブラック企業・社畜・ワークライフバランス・海外脱出・日本脱出・英語・留学・人生・恋愛・政治・社会・日本・ニート・フリーター・貧困・ネット・IT

英語ができる・できないってこういうこと

「英語ができる」ってどういう状態なのだろうか?どの程度の英語力があれば、胸をはって「私は英語ができます」と言えるのだろうか? 私たちの英語力は私たちが思っているほど高くない TOEICで高得点を取れば、日本では「かなり英語ができる人」に分類される…

未踏の領域に老いゆく日本—国が貧しくなるってこういうこと

「人が貧しくなる」ということは、昨今のテレビや新聞からも想像できる。今回のエントリーでは、「国が貧しくなる」ということについて書いてみた。 「貧しくなる」とは—まず家計で考えてみよう 私たち個人の生活では、お金が入ってくる収入と、お金が出てい…

ネット通販の「送料無料」を支える「残業代無料」、「土日も出荷」を支える「土日も出勤」

ネット通販の急拡大による負担増と人手不足が重なり、ヤマトが100時間のサービス残業したケースがあったというニュースを目にした。 物流パンク、間に合わずドライバーは10万円自腹で配送、ヤマトは100時間サービス残業 - ビジネスジャーナル/Business Journ…

「リア充爆発しろ」って言うけど、本当はリア充になりたいんでしょ!?

非リア充を自認する人に向けて書いた、耳が痛くなるかもしれないエントリー。 「リア充爆発しろ」…ネットでよく見かけるフレーズだ。Googleの検索語入力欄で「リア充」と入れると、サジェスト機能が「爆発しろ」「死ね」といった穏やかではないキーワードを…

彼女ができないと悩むあなたに贈る彼女の作り方のコツ4つ

今日から3月、陽暦では春である。春と言えば、出会いの季節だ。来月の新年度からは、進学・就職などで新生活が始まる人も多いと思う。そんな新年度を前に、今回のエントリーでは、非モテのくせに僭越ながら恋愛について書いてみた。タイトルでは「彼女の作り…

まだネットで消耗してるの?

ネットユーザーは、大きく2種類に分けられる。「ネットで消耗する人」と「ネットを活用する人」である。 ネットで消耗するネット依存症の人たち 「ネットで消耗する人」とは、暇さえあれば、ネットに何時間も何時間を費やしながら、そのネットでしていること…

学問に王道なし—聴くだけで英語が話せる・留学で英語ペラペラは嘘

「英語を上達させるには海外に行って、英語のシャワーを浴びればいいのかなぁ」「聴くだけで英語が上達するってのがあるけど、あれってどうなの?」と訊かれることがある。答えは、いつも同じ。「『学問に王道なし』ですよ—」 日本人が英語下手なのはなぜ? …

搾取の構造—お金の儲け方と失い方

搾取とは、「一流大学を出て、山手線の内側でお抱え運転手付きの高級車に乗るような人が、イオンにiPhone片手にミニバンで乗り付けるような人たちから、がっぽり取ること」であると私は思う。 ソーシャルゲームで儲ける/失う ソーシャルゲーム(ソシャゲ)が…

ドラえもんの「のび太」よりダメな、大人になりきれない大人たち

のび太の振り見て我が振り直せ—今の社会に通じるところがあるドラえもんの寓話的なエピソードと、それに重なる現実社会の事例を紹介しながら、私たちの誰もが持っている心の闇について語る。

同一労働同一賃金でないのに労働者を正規・非正規で分けるな(怒)

日本の労働環境の酷さは、これまで当ブログで幾度と取り上げてきた。しかし、酷いのは労働環境だけでなく、労働者の待遇にも当てはまる。海外では当たり前だが、日本では未だに実現していない同一労働同一賃金について取り上げる。 同一労働同一賃金とは? …

みんなで一緒に休んで、みんなで混雑させようキャンペーン実施中(笑)

盆休み真っ盛りである。例年のごとく、「お盆休みを故郷や行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュが今日ピークを迎え…」といったお決まりのニュースが報じられた。数日後には、「過ごす」が「過ごした」と過去形になり、「帰省ラッシュ」が「Uターンラッシュ」…

ヤフーとCCCのデータ共有—ビッグデータ活用の説明不足がプライバシー懸念を助長する

ヤフーとCCC(TSUTAYAのTカードを発行会社)が、お互いに保有している利用者の行動情報の共有を発表し、波紋を広げている。当初はIT系ニュースサイトだけで取り上げられたが、NHKや新聞でも報じられた。 ヤフー Tポイントデータ共有 専門家は (NHKニュース) …

ドラゴンボール畜(笑)—7つの球をそろえし者よ、願いを言え

「ドラゴンボールZ」を題材に、日本のガラパゴス化した労働環境を皮肉るエントリー。

スマホだけでPCを使わない人へのPCのススメ—海外脱出の第一歩

ネット利用は専らスマホのみで、パソコンは使わないという人に向けて、PCが使えることの利点を書いた記事。

PC遠隔操作事件—推定有罪より推定無罪、取り調べの可視化は絶対必要

PC遠隔操作事件で容疑を一貫して否認していた被告が、墓穴を掘り、容疑を認めた。世論が「否認する者は犯人だ」「多少荒っぽいことをしても自白させるべき」という方向に傾くことに警鐘を鳴らす記事。この事件の問題の本質は「被告が否認していた」ことでは…

憲法記念日—知っておきたい立憲主義と天賦人権説

今日(5月3日)は、憲法記念日である。NHKの世論調査によると、改憲必要と不必要の割合は拮抗している。その調査の中で、憲法の基本的な考え方である「立憲主義」をよく知らないと答えた人が51%に上った。 世論調査 憲法改正必要・不必要ほぼ同じ (NHKニュー…

今の日本の労働環境は200年前の産業革命の頃のヨーロッパ

今日(5月1日)はメーデーである。世界的な「労働者の日」であり、80以上の国で祝日とされている。日本では祝日にこそなっていないが、各地でイベントが開かれている。メーデーにちなんで、今回のエントリーでは、労働者の権利の背景について触れたい。 労働者…

入学式だろうが通常日だろうが有給休暇取得は労働者の権利

埼玉で県立高校教師が勤務先の入学式の日を休んで、自分の高校生の子供の入学式に出席していたことが判明し問題となっている。そんなことに目くじら立てて、ニュースにするなんて日本ぐらいのもの。相変わらず、日本の労働環境や仕事観のガラパゴスぶりを遺…

未踏の領域へ老いゆく日本—インフラ老朽化と夕張市に見る日本の将来

日本という国そのものが老いている。ハード面でもソフト面でも。読売新聞の世論調査でも4人に3人が日本社会の衰退を予想している。 日本は歴史上存在したどの国よりも速いペースで高齢化しており、経済と社会に多大な影響を与えている。では、なぜ日本は適応…

サービス残業させないと回らない欠陥ブラック企業は潰してしまえ

従業員にサービス残業をさせたり、有給を捨てさせたりしないと会社が回らないという。サービス残業は労働力の窃盗という立派な犯罪だし、有給は労働者に認められた権利である。不法行為をしないと立ち行かない企業なんて欠陥企業だ。欠陥を修復できないなら…

マタハラしたり高学歴女性に単純労働させたりする日本はおかしい

Googleのトップページを開くと、Doodleになっていて、クリックしてみると今日(3月8日)は「国際女性デー」らしい。先のエントリー「『仕事を優先できない=戦力外』な日本社会が女性の社会進出を阻む」に引き続き、女性の社会進出をテーマにしたい。 高等教育…

PC遠隔操作事件—やっぱり日本の刑事司法は中世!トイレは最先端だけど…

PC遠隔操作事件の被告人が昨日(3月5日)、およそ1年ぶりに保釈された。高裁の保釈決定に際し、検察は特別抗告するも、特別抗告する権限のない地検の検察官が抗告したことが分かり、無効となった。そのメンツにだけこだわるお粗末ぶりを露呈した。 日本の刑事…

「仕事を優先できない=戦力外」な日本社会が女性の社会進出を阻む

不安定な非正規雇用、正規雇用であっても低所得者層が増えた。それに合わせるかのように、結婚できない人が増えている。 婚活女性の男性に望む年収は500万円以上 日本では、「男は仕事、女は家庭」に代表される男尊女卑の風潮が根強い。そのため、多くの女性…

TPP聖域5品目を固持する自民党と既得権益にこだわる日本の農業

聖域5品目をめぐって、TPPの交渉が暗礁に乗り上げた。世論調査では、TPPへの関税引き下げに応じるべきが65.5%、応じるべきではないが26.2%とダブルスコアを付けている*1にも関わらずである。日本はかたくなに聖域固持する姿勢を崩していない。 TPP合意、先送…

日本みたいな労働者を奴隷扱いする国に移民なんかやってこない

深刻な少子高齢化や、それに伴う人口減問題に関連して、日本への移民受け入れ問題が取りざたされている。 移民で日本の人口1億人を維持できるか ※ 日本の人口「移民で1億人維持可能」 政府、本格議論へ (2014/02/25 朝日新聞) 外国人は日本で働きたがらない2…

PS4発売—日本で据え置きゲーム機の市場が縮小している5つの理由

今日(2月22日)にSONYの新型ゲーム機「プレイステーション4」(PS4)が発売された。しかし、今回はいつもと様子が違う。PS3の時と比べて、盛り上がりに欠けている感は否めない。PS3発売時より価格が安く、アベノミクスによる好況感があるにも関わらず。 かつて…

社畜と奴隷に共通する10のこと

奴隷という言葉の定義は以下の通りである。 ど‐れい【奴隷】〘名〙人間としての権利・自由を認められず、他人の私有財産の一つとして扱われた人。労働を強制され、譲渡・売買の対象ともされた。「─制度」◇一つのことに心を奪われ、そのためにだけ行動する人…

社畜「仕事様を優先できない奴は迷惑だから社会に出てくるな」

寒い日が続いている。ニュースを見る限り、先週末の首都圏は豪雪に見舞われ大変なようだ。そんな中、危険を顧みず出勤しようとする仕事様命の社畜も相変わらずだろう。これは、昨年の台風時に書いたエントリー「台風が来ようが槍が降ろうが命がけで出勤する…

マイノリティに不寛容な日本社会が「非モテ」を生む

今日(2月14日)は、バレンタインデーである。首都圏でも雪が降り積もっているようで、ホワイト・バレンタインデーの様相を見せている。しかし、非モテにはつらい季節だ。 外国人も驚く日本の「非モテ」文化 お隣の韓国にも日本のような非モテ文化がある。ホワ…

立憲主義を知らない国家主義政党が「自由民主」なんて名乗るな

自民党の安倍首相が立憲主義を否定するようなことを言った。 安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、集団的自衛権の行使を認める憲法解釈の変更をめぐり「(政府の)最高責任者は私だ。政府の答弁に私が責任を持って、その上で選挙で審判を受ける」 首相、立…

建国記念日に国旗を掲げ盛大に祝うのは海外では普通だけど…

2月11日は「建国記念日」である。海外では、「国の誕生日」として大々的に祝われる。日本では、極めて政治的な集会が開かれ、お祭りとはほど遠い。そんな建国記念日を迎えての雑感。

幸せや豊かさは与えられるものではなく努力で勝ち取るもの

堅実で高望みをしない現代の若者気質を表す「さとり世代」という言葉がある。草食系とほぼ同じ意味で、恋愛に淡泊、ブランド品やクルマを欲しがらない、海外旅行に興味がないといったことが当てはまる。しかし、悟りを開くのはまだ早い。 このままだと現状維…

目的のないネットは時間の無駄—ネト充やめてリア充になろう

ネットは便利だが、しょせんは「手段」に過ぎない。しかし、ネットが「目的」になっている人が少なくない。そういうネットの使い方は時間を無駄である。

腰が重い人に送る、大人になってからの勉強の取っかかり方

立春を過ぎた。まだまだ寒い日が続くが、暦の上ではディセンバーじゃなくて、春である。新年に立てた目標は順調だろうか?中には、目標を立てたものの、腰が重く、まったく手つかずという人もいるだろう。先のエントリーで「挫折しないための4つのモチベーシ…

いかにも日本的な「空気読め」(KY)という言葉と同調圧力

日本でよく使われ、なおかつ、いかにも日本的ともいえる言葉が「空気読め」(KY)ではないだろうか。 そもそも「空気読め」って一体何? 「空気読め」の「空気」とは、「その場の雰囲気」であることは、辞書にもある。ところが、「読む」という動詞が付いとた…

海外脱出は逃げることでも捨てることでもなく挑戦である

海外脱出と聞くと、「逃げること」とか「日本や家族を捨てること」って言う人がいる。しかし、それは間違いである。 海外“脱出”という言葉は語弊があるかもしれないので、ここにでは海外移住と言い換えよう。私が「脱出」という言葉は、社畜労働や不安定な雇…

挫折しないための4つのモチベーションの保ち方

もうすぐ1月も終わりを迎えようとしている。早くも2014年の12分の1が終わるわけだ。あなたが目標をもっているなら、予定通りに進んでいるだろうか。 私は前回のエントリーで、目標を立てるときは10年先を見据えて、明確な目的を持って立てるのがよいと書いた…

10年後に後悔しないために10年後を見据えて今行動をしよう

今日は成人の日である。私のブログの読者には、まだ成人になっていない人、今年で成人になる人、とっくに成人になった人もいるだろう。私には、もう過去の出来事になった「成人の日」を振り返って、雑感を綴ってみた。 10年前を懐かしみ今の自分を悔やむ者は…

続・少しでも海外脱出・海外生活に興味があるなら今決断しよう

先日「少しでも海外脱出・海外生活に興味があるなら今決断しよう」というエントリーを書いた。今回のエントリーはその続きである。 海外に行くぞと決断したら 海外に行くぞと決断したら、次はどこの国にどのビザで行くかを決めよう。“お試し”海外生活なら、…

正に「弱いものいじめ」のいかにも役人的発想の軽自動車税増税

消費税増税に伴い廃止される自動車取得税の代替財源を確保するため、総務省は軽自動車税の増税に向け検討に入った。 業界やきもき 軽自動車増税 好調販売に水差す懸念 (2013/11/10 産経新聞) 地方ではクルマは贅沢品ではなく生活必需品 自動車税の増税と聞け…

成人した子の「親の責任」なんて存在しないし、むしろ親も被害者

次男が逮捕されたことに関して、親であるみのもんたへのバッシングが相変わらず続いている。以前にも「共犯でもないのに犯罪加害者の家族を責める集団主義の村社会・日本」というエントリーで取り上げたが、今回も書いてみた。 ※私はみのもんたのファンでは…

少しでも海外脱出・海外生活に興味があるなら今決断しよう

私のブログやTwitterを見ていて、海外脱出・海外生活に興味を持っている人もいることだろう。私は、そんなあなたに言いたい。「海外脱出に少しでも興味があるなら、今決断しよう」と。 “お試し”海外生活ならあなたにもできる 「海外脱出」という表現は大げさ…

大学入試に人物評価を取り入れれば大学の就職予備校化が加速する

現行のセンター試験を廃止して、新しい「達成度テスト(仮称)」に移行する方針が固まったようだ。達成度テストは、基礎レベルと発展レベルの2つに分かれ、発展レベルのテストでは、結果を1点刻みではなく、一定幅を持つ段階評価とし、受験生は複数回受けられ…

途切れた「日本人レール」と未だにその上を走り続ける「普通」

かつて「日本人レール」というものが存在した。そのレールの上を走る「普通」列車に乗れば、誰もがごく「普通」の人生を送ることができた。あえて途中下車をして、別の列車に乗り換えない限り—。 『Always 三丁目の夕日』の頃の昭和時代 ALWAYS 三丁目の夕日…

台風が来ようが槍が降ろうが命がけで出勤する仕事様命の社畜

今年は、例年になく台風や豪雨などの自然災害が多い。私が子供だった時、台風が来れば警報が出て学校が休みになると喜んだものだが、社会人にとってはまったく逆だ。休めるどころか、命懸けで出勤しなければ、社会人失格の烙印を押されるからである。 「命」…

「異」を許さない日本の協調性とお互い助け合う海外の協調性

社畜が好きこのんでよく使う言葉に「協調性」がある。ところが、この協調性という言葉が、日本と海外では解釈の仕方が異なっていて、日本の「協調性」はガラパゴス化しているように見える。 協調性ってそもそも何? 協調性という言葉を辞書で調べてみた。広…

休むこと=悪と見なす日本社会がみんなを不幸にする

米大手旅行会社「エクスペディア」の「有給休暇国際比較調査2012」によると、日本人の有給消化率・消化日数ともに最下位で、38%で5日だそうだ。 日本と同じマジメな国民性で知られるドイツですら有休消化率は95%で28日。まるまる使ったら、1ヵ月半という学生…

圧迫面接とモンスター客と社畜と呪われしクソ労働環境

圧迫面接というものがある。面接官が候補者の人格を否定するような質問をして、候補者を心理的に圧迫し、「ストレス耐性」という名の理不尽に対する我慢力を測るというものである。 こんなにひどい圧迫面接 具体例を挙げると以下のようなものだ。 「田舎の秀…

日本人は「労働教」というカルト宗教に洗脳されている

海外にいると、日本の労働環境や雇用慣行は、つくづくガラパゴス化しているように見える。いや、ガラパゴス化を通り過ぎて、一種の宗教になっているのではないかとさえ思う。 「労働(仕事)=宗教」と考えれば妙に納得がいく日本の仕事観 非効率の象徴ともい…

自炊業者を訴えるより、一冊でも多くの電子書籍化を進めるべき

客が所有する紙の本を電子化する「自炊代行」が著作権法に違反すると認め、代行業者に差し止めを認めた判決があった。 自炊代行業者業者を訴えた訴訟 知財高裁でも作家側が勝訴 以前から「ほぼ違法」と言われていただけに、特段の驚きはない。私は、法解釈は…

このブログをはてなブックマークに追加  

©2017 だから僕は海外に出る、さあ君も by 佐野由自