読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから僕は海外に出る、さあ君も

「日本って何か変だなぁ」という疑問を胸に、思い切って海外脱出した著者が、海外からの視点で日本の社会問題や海外脱出アドバイスを綴るブログ。日本の奴隷的な長時間労働にうんざりしている人、ナショナリズム台頭・人口減・財政難の日本の行く末を危惧している人、協調性という名の同調圧力に耐えられない人、とにかく自分の殻を破ろうと思っている人、そんなあなたに『海外に出ること』を選択肢の1つとして提案する。

だから僕は海外に出る、さあ君も - ニートのガラパゴス日本脱出日記

ガラパゴス化している日本の奴隷的な労働環境と保守的な社会構造に適応できずに海外脱出したニートが海外視点で綴るブログ

仕事なんかクソだろ? 就活やめて日本を出よう! 奴隷やめて海外に出よう! 語学を学び世界に出よう! 「仕事なんてクソだろ」が売り文句の「ニートの海外就職日記」に影響を受けた、あるニートのブログ

労働・サービス残業・ブラック企業・社畜・ワークライフバランス・海外脱出・日本脱出・英語・留学・人生・恋愛・政治・社会・日本・ニート・フリーター・貧困・ネット・IT

まだネットで消耗してるの?

スポンサー広告

ネットユーザーネットユーザーは、大きく2種類に分けられる。「ネットで消耗する人」と「ネットを活用する人」である。

ネットで消耗するネット依存症の人たち

「ネットで消耗する人」とは、暇さえあれば、ネットに何時間も何時間を費やしながら、そのネットでしていることが大したことでない人たちだ。

例を挙げよう。

  • Youtubeやニコ動で面白い動画を見つけた。見終えたら「こちらもおすすめ」と関連動画や続きが表示される。気付いたら、夜もかなり更けていた。「ドラマの1クール、半日で見終えたよ」とSNSに投稿するような人。
  • 「オレは、はてブや2chまとめのチェックを怠らない情報強者だぜ」と思っている。ライフハックを読んで「これいいわ〜」とタグを付けてブックマークする。気が付けば、ブックマーク数が千を超えていた。そのページを再び開いて、生活や仕事で生かすことはほぼない人。
  • 掲示板で「論破してやったぜ!オレたち大勝利!ガハハ」と勝ち誇っている人。論破といっても、数の多さで押し切ったか、人格攻撃や揚足取りばかりで相手が嫌になって退散しただけのケースが多い。
  • 被害者でもないのに、おふざけが過ぎた他人のブログやSNSを炎上させて、それが正義だと思い込んでいるイタい人。挙げ句の果てに、スポンサーや取引先まで抗議する迷惑な人。
  • 普通に話せば10分で終わるような会話を、1行+スタンプで1時間をかけてやり取り。止めどきが分からず、1日5時間も6時間も過ごす人。
  • 学歴でも国籍でも恋愛経験でも何でもいいので、とにかく自分たちより下の者を見つけ出しては、彼らを軽蔑・嘲笑することで、独り善がりな優越感に浸っている人。
  • 日本に批判的な人に対して、「反日」「左翼」「売国奴」とバッシングする自称“愛国者"。出典はネット。「本も読んでるぞ」と言ったところで、昨今の愛国ブームに乗せられた「愛国ポルノ」ばかり。
  • 人口減・格差・貧困・財政赤字などの日本に悲観的なニュースに、「日本もうだめだー」「政治家は何やってんだよ」「○○すべきだよ」と嘆く人。ネット上での発言に終始し、自ら行動を起こそうとはしない。
  • 匿名掲示板で、「平成生まれが知らないものを挙げていくスレ」「マクドナルドの新商品が旨すぎる件について」といった書き込みを延々としている人。
  • クリスマスやバレンタインの度に「リア充爆発しろ」「バレンタイン終了」などと怨嗟の声を上げるけど、積極的にパートナーを見つけようとしない人。

…きりがないので、このぐらいにしておこう。

今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々 (講談社BIZ)

今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々 (講談社BIZ)

ネットで消耗している人は、自分の人生も消耗している

ここで挙げたようなネットの使い方は、さほど生産的ではない。もちろん、人間は常に生産的なことばかりしているわけではない。たまには息抜きが必要だ。それを含めても、こういうことに非常に多くの時間を費やしている人を見ていると、「消耗しているなぁ」と思わずにはいられない。

私は、ネットで消耗している人たちは、

先週も、先月も、昨年も、5年前も、今と同じように、PC・スマホの前で消耗していたことだろう。

来週も、来月も、来年も、5年後も、今と同じように、PC・スマホの前で消耗していることだろう。

と思う。その結果、減ったのは自分の残り寿命と髪の毛、増えたのは脂肪と小じわだけ。

PCやスマホのバッテリーは、充電すれば回復するが、人生の時間は回復しない。まさに消耗である。

消耗しないために

「あ、オレのことだ」と思った人は、時間の過ごし方をちょっとだけ見直してみようよ。

私は、なにも「ネットは時間の無駄だからやめよう」と言っているわけではない。使い方と時間にメリハリを付けて「ネットを活用する人」になろうと言っているのである。

プライベート時間の過ごし方なら、もっと有意義で健康的なことがいくらでもある。

例えば、

  • 読書する
  • 映画鑑賞する
  • スポーツする
  • 有名大学の講義を視聴する (iTunes Uで無料のものもかなりある)
  • 英語を学習してみる
  • より高度なIT活用に挑戦してみる (Photoshopを覚える、プログラミングに挑戦)
  • 地元のお年寄りにPCを教えるボランティアをしてみる
  • 日帰りぶらり旅や貧乏旅行をしてみる
  • 習いごとを始める
  • 恋愛する

といった具合だ。

その過程においてネットを使うことは何ら問題ない。パートナーを見つけるために信頼ある出会い系サイトを使う、スポーツするために地元のサークルをネットで探してみる、アイディアを形にするためにクラウドファンディングを使う、旅行のプランを立てるために時刻表を検索する—こういった使い方こそが「ネットを活用している」と言えるだろう。

「一日一日を大切にしよう」といった格言をシェアしながら、毎日ネットで消耗して過ごしている日々は、今日でピリオドを打とう。

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない

このブログをはてなブックマークに追加  

©2017 だから僕は海外に出る、さあ君も by 佐野由自