読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから僕は海外に出る、さあ君も

「日本って何か変だなぁ」という疑問を胸に、思い切って海外脱出した著者が、海外からの視点で日本の社会問題や海外脱出アドバイスを綴るブログ。日本の奴隷的な長時間労働にうんざりしている人、ナショナリズム台頭・人口減・財政難の日本の行く末を危惧している人、協調性という名の同調圧力に耐えられない人、とにかく自分の殻を破ろうと思っている人、そんなあなたに『海外に出ること』を選択肢の1つとして提案する。

だから僕は海外に出る、さあ君も - ニートのガラパゴス日本脱出日記

ガラパゴス化している日本の奴隷的な労働環境と保守的な社会構造に適応できずに海外脱出したニートが海外視点で綴るブログ

仕事なんかクソだろ? 就活やめて日本を出よう! 奴隷やめて海外に出よう! 語学を学び世界に出よう! 「仕事なんてクソだろ」が売り文句の「ニートの海外就職日記」に影響を受けた、あるニートのブログ

労働・サービス残業・ブラック企業・社畜・ワークライフバランス・海外脱出・日本脱出・英語・留学・人生・恋愛・政治・社会・日本・ニート・フリーター・貧困・ネット・IT

日本人は「労働教」というカルト宗教に洗脳されている

労働問題 ガラパゴス化 ブラック企業
スポンサー広告

海外にいると、日本の労働環境や雇用慣行は、つくづくガラパゴス化しているように見える。いや、ガラパゴス化を通り過ぎて、一種の宗教になっているのではないかとさえ思う。

「労働(仕事)=宗教」と考えれば妙に納得がいく日本の仕事観

非効率の象徴ともいえる手書きの履歴書も納得がいく。完成寸前で間違えたら、修正液を使うことすら許されず、最初から書き直しなんて、どう見ても罰ゲームだが、出家するための修行だと考えれば納得がいく。仏教には、経文を書き写す写経というものがあるが、写経をPCで作成する人がいないのと同じである。修行なんだから、結果を出すことではなく、時間をかけて苦労することに意義があるのだ。社畜にとっては、履歴書なんて労働教への出家志願書なんだから、PCで作るなんてもってのほか、バチが当たるぞってか。(笑)

新卒至上主義も労働教と考えれば納得する。就職活動は、大学3年生の12月と異様に早くから始まるのだが、「うちの宗派に取り込みたい」(自社のカラーに染めたい)という企業の思惑があるのだろう。実際の宗教でも、宗派による対立はすごいものがある。労働教でも、社会人を経験したり、既卒になった時点で宗派が違う「異教徒」になるわけで、異教徒の入信は許さないというわけか。(笑)

「労働教」は外国人から見ればカルト

社訓唱和マラソンや穴掘り(笑)のような理解不能な新人研修、毎朝行われる社歌斉唱や大声出す社訓唱和など、どれもこれも外国人の目から見たら異様に見える。スーツに身を包んだ社員が一斉に大声で社訓を唱和している姿を、日本のことを知らない外国人に説明なしに見せたら、本気でカルトと信じ込みそうだ。

他にも、妻が出産するのに仕事を優先して立ち会えない、病気なのに一日分の給料を上回るタクシー代を払ってまで出勤しなければならない*1、体調に異変を感じているのに仕事が忙しくて病院に行く暇がないなど、理解に苦しむ労働教の教義を挙げていては枚挙に暇がない。

連日定時退社、有給完全消化、有給病欠制度ありが当たり前の、ワークライフバランスが取れた海外の職場で働いている外国人から見れば、日本の労働環境は、どれもこれも信じられないのが現実だ。外国人に日本の労働環境の話をすると、みんな驚きを隠せない様子で、「いったい何が日本人をそこまで働くことに駆り立てるのか」と疑問を持 つ。そこまで崇拝しなければならない「仕事様」(笑)って一体何なんだと、日本人である私ですら疑問に感じてしまう。

まとめると、履歴書やエントリーシートは出家志願書、ドブネズミ色のスーツは法衣や祭服、社歌は賛美歌、社訓は読経、飲み会は説法、社畜は労働教原理主義者、「シャカイ人」は労働教信者、仕事様は労働教の救世主といったところか。こう考えると、‘Spot on’ だ。(笑)

もちろん労働教なんていうのは冗談だが、そんな冗談ですら真実に見えてくるほど、海外から見た日本の労働環境は、トチ狂っているんだよな。


餃子のなんちゃら - YouTube


新人研修 - YouTube

洗脳されていることに気付かない恐ろしさ

カルトの怖いところは、自分たちが洗脳されている、世間の常識からかけ離れているということを当人が気付いていないことである。しかも、布教活動に熱心なので余計にたちが悪い。

私が子供の頃、オウム真理教による一連の事件が世間を騒がせた。連日放送されたニュースを見て、「こんなに頭がよくて立派な人が、どうしてこんな ことをしたのだろう」と思ったものだ。学校では、どこにでもいるクラスのムードメーカー的な生徒が、「しょーこしょーこしょこしょこしょーこ♪」と歌っていたが。(笑) 思い返すと、カルトと恐ろしさを改めて痛感させられる。

社畜の目を覚まさせるには

労働教というカルトに汚染されている社畜の目を覚まさせるには、どうすればいいのだろうか。脱社畜キャンプ(笑)にでも強制参加させるのが一番だが、さすがにそういうわけにはいかないので、繰り返し啓蒙活動を行っていくしかないだろう。

何十年かかるかは分からない。だが、私たちが新しい一歩を踏み出さなければ、何も変わらない。

あなたは常識に洗脳されている

あなたは常識に洗脳されている

このブログをはてなブックマークに追加  

©2017 だから僕は海外に出る、さあ君も by 佐野由自