だから僕は海外に出る、さあ君も

「日本って何か変だなぁ」という疑問を胸に、思い切って海外脱出した著者が、海外からの視点で日本の社会問題や海外脱出アドバイスを綴るブログ。日本の奴隷的な長時間労働にうんざりしている人、ナショナリズム台頭・人口減・財政難の日本の行く末を危惧している人、協調性という名の同調圧力に耐えられない人、とにかく自分の殻を破ろうと思っている人、そんなあなたに『海外に出ること』を選択肢の1つとして提案する。

だから僕は海外に出る、さあ君も - ニートのガラパゴス日本脱出日記

ガラパゴス化している日本の奴隷的な労働環境と保守的な社会構造に適応できずに海外脱出したニートが海外視点で綴るブログ

仕事なんかクソだろ? 就活やめて日本を出よう! 奴隷やめて海外に出よう! 語学を学び世界に出よう! 「仕事なんてクソだろ」が売り文句の「ニートの海外就職日記」に影響を受けた、あるニートのブログ

労働・サービス残業・ブラック企業・社畜・ワークライフバランス・海外脱出・日本脱出・英語・留学・人生・恋愛・政治・社会・日本・ニート・フリーター・貧困・ネット・IT

海外脱出は100%正しい

スポンサー広告

私は、これまでブログやTwitterにおいて幾度となく海外脱出を推してきたが、改めて言おうと思う。

日本を棄てて、海外に脱出することは100%正しい。——もし、あなたが今(将来)の日本に悲観していたり、危機感を覚えたり、息苦しさを感じていたりするならば。

少なくとも、私はそう思っている。その思いは、日本という国を知れば知るほど、強くなってきている。

あなたがどれだけ日本を愛していても、幸せになれるとは限らない

日本が好きだという人もいる。飯のおいしさ、治安の良さ、サービスの質の高さ、サブカル、美しい四季……などなど、日本を好きになる理由はいくつもある。理由がなくても、自分が生まれ育った郷土に愛着を持つのはごく自然のことだ。しかし、あなたが日本をどれだけ好いていても、日本にいて幸せになれるとは限らない。

私は、以前に「『日本が嫌い』で海外脱出は全然あり」という、やや刺激的な見出しの記事を書いた。

付き合っている男が、浮気をする、暴力を振るう、定職に就かない、借金がある、酒癖が悪い、ギャンブル依存症といったようなダメ男で、何とか改善を試みたがもう限界ならどうするか?——別れることを検討べきだろう。ダメ男と一緒にいても幸せにはなれない。国も同じだ。

私は、日本は旅行先としては魅力的であるが、定住先(働き、学び、子育てし、老後を過ごす場所)としては、さほど魅力を感じない。先ほどの男女関係に例えると、友達としては良くても、人生のパートナーとしては問題があるのと似ている。外国人労働者が増えている現状を鑑みると、経済力が小さい途上国の人々にとっては、まだまだ仕事があって稼げる日本は魅力的なのかもしれない。しかし、日本人にとっては、日本は以前ほど魅力的な国ではなくなっている。

海外では海外脱出は当たり前

昨年(2016年)11月の米大統領選でトランプ氏の当選が確実になったとき、カナダの移民局のサイトがアクセス過多で一時閲覧できない状況になった*1。トランプ政権の誕生に危機感を覚えた多くのアメリカ人が、カナダ移住を検討したのだろう。アメリカだけに限らない。政情が不安定な中南米諸国では、家族を連れて、何千キロも過酷な旅をして、アメリカに向かう人が数多くいる*2。シリアでは、多数の難民が欧州に押し寄せた光景は記憶に新しい。私たちの祖先である日本人も、氷河時代に食料であるマンモスを追って日本列島に移り住んだ人たちだ。このように、どこで生まれようが、どこで育とうが、より良い環境を求めて別の土地に移り住む。——これは古今東西変わりない。

日本はまだまだ豊かで安全で利便性の高い国だ。しかし、50年後も今と同じ豊かさが維持されているとは限らない。今から30年前までは、ほとんどすべての人が正規雇用に就き、結婚して家庭を持っていた。翻って、今はどうか。非正規雇用労働者の割合は4割を超えた。3人に1人は生涯未婚であると言われている。当時の人からすれば、想像だにできないだろう。それと同様に、30〜50年後の日本は、私たちの想像を遙かに絶するディストピアになっている可能性もある。北朝鮮のような国(暗く、貧しく、自由がなく、諸外国から信用されず、一部の特権階級だけがほしいままに振る舞っている国)になっているかもしれないのだ。

海外脱出はそろそろ潮時だ

深刻な少子高齢化と人口減、強すぎる同調圧力、減らない長時間労働、民主主義の劣化、低すぎるガラスの天井、有形無形の差別……。今日の日本が抱えている問題は少なくない。これらの問題は、容易に解決することも、短期間で解決することもまず無理であろう。おそらく50年、100年といった途方もない時間がかかるし、それだけの年月が過ぎても解決しているかどうかは分からない。島国根性という日本人の気質がそう易々と代わるとは思えない。

もちろん、「日本はおかしい」「自民党はガチでヤバいよ」と声を上げ、時には行動を起こすことは極めて大切だ。それは、民主主義国家に生きる私たち国民の責務であるからだ。しかし、それと同時に、見切りを付ける時も重要ではないか。自分の人生を生きるために。あなたは日本国民である前に1人の人間である。そして、1人の人間として幸福を追求する普遍的権利を持っている

だから……日本という国にうんざりしているあなた。ためらうことなく、この国を後にしようではないか。世界は広い。日本でなくとも、あなたに合う土地はきっとある。安倍晋三首相というどうしようもないほど無能な暴君が舵を取る、沈みゆく船と運命を共にする必要などどこにもない。日本はもはや日出ずる国ではない。

夕暮れ時の東京

私は、よく訳の分からないシステムのために生きて、それに振り回され、たった一度しかない人生を無駄にしたくないので、日本を後にした。さあ、次はあなたの番だ。海外脱出は今が潮時だ。

このブログをはてなブックマークに追加  

©2017 だから僕は海外に出る、さあ君も by 佐野由自