読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから僕は海外に出る、さあ君も

「日本って何か変だなぁ」という疑問を胸に、思い切って海外脱出した著者が、海外からの視点で日本の社会問題や海外脱出アドバイスを綴るブログ。日本の奴隷的な長時間労働にうんざりしている人、ナショナリズム台頭・人口減・財政難の日本の行く末を危惧している人、協調性という名の同調圧力に耐えられない人、とにかく自分の殻を破ろうと思っている人、そんなあなたに『海外に出ること』を選択肢の1つとして提案する。

だから僕は海外に出る、さあ君も - ニートのガラパゴス日本脱出日記

ガラパゴス化している日本の奴隷的な労働環境と保守的な社会構造に適応できずに海外脱出したニートが海外視点で綴るブログ

仕事なんかクソだろ? 就活やめて日本を出よう! 奴隷やめて海外に出よう! 語学を学び世界に出よう! 「仕事なんてクソだろ」が売り文句の「ニートの海外就職日記」に影響を受けた、あるニートのブログ

労働・サービス残業・ブラック企業・社畜・ワークライフバランス・海外脱出・日本脱出・英語・留学・人生・恋愛・政治・社会・日本・ニート・フリーター・貧困・ネット・IT

「日本が嫌い」で海外脱出は全然あり

海外脱出
スポンサー広告

日本が嫌い—そんな理由で海外脱出するのは全然ありだと思う。むしろ、日本に不信感を抱くなら、どんどん海外に出るべきだと思う。「日本に生まれた日本人だから…」などと二の足を踏む必要はどこにもない。

例えば、もしこんな男だったら…

もし、あなたの友達から「今付き合っている彼氏が、暴力を振るってくる。定職に就かない。借金まみれ。浮気をする。酒癖が悪い。何度も話し合ったけどもう限界。私一体どうしたらいいの?」と相談されれば、あなたはなんと答えるだろうか?きっと「そんな男とは別れちゃいないよ。○○のことを大切にしてくれるいい男なんてたくさんいるんだから」とアドバイスするのではないだろうか。

男女関係のみならず、家族関係でも同様である。DVが行われていて、家庭環境がヤバいなら躊躇することなく逃げ出すべきである。

そこまでいかなくても、馬が合う合わないというのはあるだろう。「優しくて気が利くいい子なんだけど、この人じゃないなぁ」と感じである。

国も同じ。

「日本のクソ労働環境に嫌気がさしてもう我慢の限界!」
「安倍晋三首相と自民党が嫌いで嫌いでしょうがない」
「日本は確かに住みやすいんだけど、僕には合わないなぁ」

と思うなら、日本を後にすればよい。たとえ海外脱出した後でも、「やっぱり日本がいいや」と思うなら、いつでもまた戻ってこられる。(復縁・復職があるようにね)

海外移住も国籍離脱も保障された権利

世界

150年前だったらこうもいかなかっただろう。本人の意志とは関係なく、親が決めた相手と結婚し、親の跡を継ぐのが当たり前だった。しかし、今は違う。どんな相手と付き合うか、どんな職に就くかは本人の自由。親が押しつけようとするならさっさと家を出ればよい。

同様、どこの国に住むか、どこの国の人になるかはまったく本人の自由である。憲法は海外移住も国籍離脱も保障している。現に海外に移住して、永住権、そして市民権(国籍)を取得して、法的に日本人をやめた人なんてたくさんいる。

※有名なところでは、ノーベル賞を受賞した故・南部陽一郎と中村修二さんである。2人ともアメリカ国籍保有者である。ノーベル賞受賞の一方が報じられたとき、海外では「アメリカ人」と伝えられた。

ちょっと昔までは、海外移住と言えば、移民船にのって、何ヶ月もかけて新天地にたどり着き、そこで差別や偏見と向き合いながら切り拓いていくというものだった。相当な苦労があったことは想像に難くない。今は、世界中どこへでも飛行機でひとっ飛び。スーツケース1個で海外移住できる時代である。(いい時代ですねぇ)

海外脱出を「逃げ」だの「捨て」だの言う人の声は無視してOK

こういうことを書くと必ずと言っていいほど、「日本人に生まれたのに祖国に誇りを持てないなんて最悪です」と顔を真っ赤にして反発する人がいる。しかし、そんな声は無視すればよい。海外に出るだけの度胸も語学力もスキルもなければ、変わるために努力することもできず、ナショナリズムにすがることしかできない人によるただの僻みか、時代遅れなだけなので。

日本人として生まれた以上、日本人と結婚しなければいけない、日本に住み続けなければいけない、日本で働かないといけない、日本で納税しないといけない…etc、一体全体何時代のつもりですか?大正ですか?こういうのを時代錯誤と言うんですよ。

魅力ある国には世界中から人が集まる

魅力がある場所には、世界中から人が集まってくる。ヒト・モノ・情報が国境を越えて目まぐるしく行き交う時代、それがグローバリゼーション。

テロが世界を震撼させたが、それによってグローバリゼーションの波が収まることはない。

人口減少に歯止めがかからない、海外からの観光客は来ても労働者は来ない、人材の海外流出が止まらないなどというのは日本という国が魅力がないという何よりの証拠。強いて例を挙げるなら、労働環境のひどさ、研究開発環境のひどさ、子育て環境のひどさ、安倍晋三首相率いる自民党のひどさ、国民の根強い排他的感情などがその要因だろう。

そんな日本で、日本を牛耳っている、わけのわからない古臭い頑固なおっさんのために税金を払い続ける必要はない。

※日本はOECDの中で、所得再分配前より後の方が、子供の貧困が拡大している唯一の国シングルマザーの貧困率は、働いても働いていなくても変わらない。(福祉が機能していないし、今後は人口減でますます切り詰められていく)

大切なことはあなたの幸せ

一番大切なことは「個人の幸せ」である。即ち、あなたと、あなたの大切な人の幸せだ。国の繁栄は二の次である。

こんなことを書くと非国民(戦前か??)だとか言われそうだが、家族・地域社会や国家のような個人を取り巻く集団は、その人を幸せにするためにある。1人で生活するより、協力し合って一緒に生活した方が効率的だし、幸せである。だから結婚して家族を持つ。家族が集まって村ができる。村が集まって国ができる。国家はこうやってできていった。国民の幸福あっての国家である。国民は国家の歯車なんかでは断じてない

もちろん、あなたが日本にいて本当に幸せだと感じるなら、それはそれで大いに結構なことだ。

残念ながら、今の日本は機能不全に陥っている。機能不全の家庭で育った子供はアダルトチルドレン(AC=Adult Children of Dysfunctional Family)と呼ばれ、前途は多難である。同様、日本の前途は多難だ。全部自民党が悪い。

日本が嫌、日本が嫌い…いいじゃないか。

ダメ男とは別れるように、毒親から自立するように…、ダメ国家からは脱出しよう。

いいですか、人生一度しかないんですよ。

ちなみに私はと言えば、日本は好きである。もちろん、ダメダメだったりイヤな部分もたくさんあるけど、それはどこの国もどんな人間も一緒。私自身も欠点はいっぱいある。私が嫌いで嫌いでしょうがないのは、日本国家(を動かしている官僚と自民党)である。日本人がもうちょっと自己主張できたら、自民党を打倒できるんだけど。

日本が世界一「貧しい」国である件について

日本が世界一「貧しい」国である件について

このブログをはてなブックマークに追加  

©2017 だから僕は海外に出る、さあ君も by 佐野由自