読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから僕は海外に出る、さあ君も

「日本って何か変だなぁ」という疑問を胸に、思い切って海外脱出した著者が、海外からの視点で日本の社会問題や海外脱出アドバイスを綴るブログ。日本の奴隷的な長時間労働にうんざりしている人、ナショナリズム台頭・人口減・財政難の日本の行く末を危惧している人、協調性という名の同調圧力に耐えられない人、とにかく自分の殻を破ろうと思っている人、そんなあなたに『海外に出ること』を選択肢の1つとして提案する。

だから僕は海外に出る、さあ君も - ニートのガラパゴス日本脱出日記

ガラパゴス化している日本の奴隷的な労働環境と保守的な社会構造に適応できずに海外脱出したニートが海外視点で綴るブログ

仕事なんかクソだろ? 就活やめて日本を出よう! 奴隷やめて海外に出よう! 語学を学び世界に出よう! 「仕事なんてクソだろ」が売り文句の「ニートの海外就職日記」に影響を受けた、あるニートのブログ

労働・サービス残業・ブラック企業・社畜・ワークライフバランス・海外脱出・日本脱出・英語・留学・人生・恋愛・政治・社会・日本・ニート・フリーター・貧困・ネット・IT

「もうこんな国いややー!こんな人生いややー!」っていう人は、来世まで待たず今すぐ行動しよう

東京にあるオフィスを退社、時間はすでに夜11時を回っていた。昨日も一昨日も同じ。明日も明後日も同じだろう。連日連夜の残業で身も心もぼろぼろ。電通のことは、とても他人事とは思えない。 そんな状況が続くと、ついつい叫びたくなる。 「もうこんな会社…

日本の常軌を逸した完全主義が働く現場を疲弊させる

日本は完全主義であると思う。1分の遅れも許されない電車のダイヤ、飲食チェーン店の非常に厳しい新人研修などを見ていると。わずかなミスさえ許さない日本の完全主義は度を超しており、それのおかげで多くの人が疲弊しているのではないかと思う。 わずか1分…

だから僕はブログを書く—海外脱出を勧める理由

この記事でブログの総記事数は100本となる。(よく続いたなぁ) 100記事目ということで、私がブログを書く(海外脱出を勧める)理由について書いてみる。 私がブログを書く理由 私がブログで海外脱出を推す理由は、日本人の海外生活の裾野を広げ、偏狭な価値観か…

残業代の有無ではなく、常態化している残業そのものが問題

「ブラック企業」や「社畜」という言葉が世間を賑わすようになって久しい。労働環境は改善されたのかといえば、改善には程遠い。それどころか、おかしな方向に向かっている。 残業代さえ払えばいいというものではない 「サービス残業が問題なんだろ。要は払…

労働条件を聞いて何が悪い

プレジデントオンラインに「『仕事内容』より『労働条件』ばかりを聞く学生はいらない」という記事が掲載された。 「仕事内容」より「労働条件」ばかりを聞く学生はいらない あなたの出世、採用、給料、リストラはこう決まる【13】:PRESIDENT Online - プレ…

私たちの無知と団結力の無さがブラック企業をのさばらせている

ブラック企業・ブラックバイトや貧困ビジネスなどの問題が取り沙汰されて久しい。ブラック企業や貧困ビジネスが現在の日本にはびこるのは、当たり前のことではないかと私は思う。(もちろんそれらを擁護するつもりは毛頭ない) ブラック企業や貧困ビジネスがは…

新入社員もそうでない人も逃げる準備だけはしておこう—従業員目線を忘れるな

今日は4月1日—新年度である。今日が初出勤という新入社員も多いだろう。 入社式には「社会人として…」「経営者目線を持って…」というありがたい説法を聞かされる。会社によっては、マラソン、穴掘り(笑)や自衛隊体験入隊*1といった「これ、仕事とどういう関…

ネット通販の「送料無料」を支える「残業代無料」、「土日も出荷」を支える「土日も出勤」

ネット通販の急拡大による負担増と人手不足が重なり、ヤマトが100時間のサービス残業したケースがあったというニュースを目にした。 物流パンク、間に合わずドライバーは10万円自腹で配送、ヤマトは100時間サービス残業 - ビジネスジャーナル/Business Journ…

同一労働同一賃金でないのに労働者を正規・非正規で分けるな(怒)

日本の労働環境の酷さは、これまで当ブログで幾度と取り上げてきた。しかし、酷いのは労働環境だけでなく、労働者の待遇にも当てはまる。海外では当たり前だが、日本では未だに実現していない同一労働同一賃金について取り上げる。 同一労働同一賃金とは? …

みんなで一緒に休んで、みんなで混雑させようキャンペーン実施中(笑)

盆休み真っ盛りである。例年のごとく、「お盆休みを故郷や行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュが今日ピークを迎え…」といったお決まりのニュースが報じられた。数日後には、「過ごす」が「過ごした」と過去形になり、「帰省ラッシュ」が「Uターンラッシュ」…

ドラゴンボール畜(笑)—7つの球をそろえし者よ、願いを言え

「ドラゴンボールZ」を題材に、日本のガラパゴス化した労働環境を皮肉るエントリー。

今の日本の労働環境は200年前の産業革命の頃のヨーロッパ

今日(5月1日)はメーデーである。世界的な「労働者の日」であり、80以上の国で祝日とされている。日本では祝日にこそなっていないが、各地でイベントが開かれている。メーデーにちなんで、今回のエントリーでは、労働者の権利の背景について触れたい。 労働者…

入学式だろうが通常日だろうが有給休暇取得は労働者の権利

埼玉で県立高校教師が勤務先の入学式の日を休んで、自分の高校生の子供の入学式に出席していたことが判明し問題となっている。そんなことに目くじら立てて、ニュースにするなんて日本ぐらいのもの。相変わらず、日本の労働環境や仕事観のガラパゴスぶりを遺…

サービス残業させないと回らない欠陥ブラック企業は潰してしまえ

従業員にサービス残業をさせたり、有給を捨てさせたりしないと会社が回らないという。サービス残業は労働力の窃盗という立派な犯罪だし、有給は労働者に認められた権利である。不法行為をしないと立ち行かない企業なんて欠陥企業だ。欠陥を修復できないなら…

マタハラしたり高学歴女性に単純労働させたりする日本はおかしい

Googleのトップページを開くと、Doodleになっていて、クリックしてみると今日(3月8日)は「国際女性デー」らしい。先のエントリー「『仕事を優先できない=戦力外』な日本社会が女性の社会進出を阻む」に引き続き、女性の社会進出をテーマにしたい。 高等教育…

「仕事を優先できない=戦力外」な日本社会が女性の社会進出を阻む

不安定な非正規雇用、正規雇用であっても低所得者層が増えた。それに合わせるかのように、結婚できない人が増えている。 婚活女性の男性に望む年収は500万円以上 日本では、「男は仕事、女は家庭」に代表される男尊女卑の風潮が根強い。そのため、多くの女性…

日本みたいな労働者を奴隷扱いする国に移民なんかやってこない

深刻な少子高齢化や、それに伴う人口減問題に関連して、日本への移民受け入れ問題が取りざたされている。 移民で日本の人口1億人を維持できるか ※ 日本の人口「移民で1億人維持可能」 政府、本格議論へ (2014/02/25 朝日新聞) 外国人は日本で働きたがらない2…

社畜と奴隷に共通する10のこと

奴隷という言葉の定義は以下の通りである。 ど‐れい【奴隷】〘名〙人間としての権利・自由を認められず、他人の私有財産の一つとして扱われた人。労働を強制され、譲渡・売買の対象ともされた。「─制度」◇一つのことに心を奪われ、そのためにだけ行動する人…

社畜「仕事様を優先できない奴は迷惑だから社会に出てくるな」

寒い日が続いている。ニュースを見る限り、先週末の首都圏は豪雪に見舞われ大変なようだ。そんな中、危険を顧みず出勤しようとする仕事様命の社畜も相変わらずだろう。これは、昨年の台風時に書いたエントリー「台風が来ようが槍が降ろうが命がけで出勤する…

台風が来ようが槍が降ろうが命がけで出勤する仕事様命の社畜

今年は、例年になく台風や豪雨などの自然災害が多い。私が子供だった時、台風が来れば警報が出て学校が休みになると喜んだものだが、社会人にとってはまったく逆だ。休めるどころか、命懸けで出勤しなければ、社会人失格の烙印を押されるからである。 「命」…

「異」を許さない日本の協調性とお互い助け合う海外の協調性

社畜が好きこのんでよく使う言葉に「協調性」がある。ところが、この協調性という言葉が、日本と海外では解釈の仕方が異なっていて、日本の「協調性」はガラパゴス化しているように見える。 協調性ってそもそも何? 協調性という言葉を辞書で調べてみた。広…

休むこと=悪と見なす日本社会がみんなを不幸にする

米大手旅行会社「エクスペディア」の「有給休暇国際比較調査2012」によると、日本人の有給消化率・消化日数ともに最下位で、38%で5日だそうだ。 日本と同じマジメな国民性で知られるドイツですら有休消化率は95%で28日。まるまる使ったら、1ヵ月半という学生…

圧迫面接とモンスター客と社畜と呪われしクソ労働環境

圧迫面接というものがある。面接官が候補者の人格を否定するような質問をして、候補者を心理的に圧迫し、「ストレス耐性」という名の理不尽に対する我慢力を測るというものである。 こんなにひどい圧迫面接 具体例を挙げると以下のようなものだ。 「田舎の秀…

日本人は「労働教」というカルト宗教に洗脳されている

海外にいると、日本の労働環境や雇用慣行は、つくづくガラパゴス化しているように見える。いや、ガラパゴス化を通り過ぎて、一種の宗教になっているのではないかとさえ思う。 「労働(仕事)=宗教」と考えれば妙に納得がいく日本の仕事観 非効率の象徴ともい…

豊かな生活のために豊かな生活を犠牲にしようキャンペーン実施中(笑)

日本で生まれ育った人は気付きにくいが、日本は、サービスの質が非常に良く、それゆえ利便性も極めて高い。世界一と言っても過言ではない。私はもちろん、日本を訪れた外国人の多くが認めている。 日本と比べると海外のサービスはひどい そんな質の高い日本…

今からでも遅くない「海外脱出」という選択肢があなたを救う

日本では、新卒時に就職しなかったり、すぐに辞めてしまったりして、ひとたびフリーターやニートになってしまえば、正社員として社会復帰することは絶望的だ。労働者の3分の1以上が非正規雇用であるという現実が、否応なしにその事実を突きつけている。 異端…

「教わっていない仕事はできません」はダメ?いえいえ、全然OKです

J-CASTニュース「「教わっていない仕事はできない」と答えて何が悪いの!?」によると、Q&Aサイト「OKウェブ」に「教わっていないのでできませんはダメ?」という質問が投稿された。 質問者に社畜猛反発 要約すると以下の通りだ。 急に会議に行くことになった上…

生きがいは仕事にではなくプライベートに求めよう

このブログのタイトルロゴに書かれているとおり、「仕事はクソ」である。楽しいことも、それが仕事となればクソと化す。実際、私の周りでも、好きでなった職業なのに「人間関係で苦労する」「辞めたいと思ったことが何度もある」とよく聞く。 仕事は選べない…

会社の人と距離を置くためのFacebookの使い方

就活生の人も、会社勤めの人も、会社の人から一方的にFacebook(FB)の友達申請をされて断るに断れないという人が多いのではないだろうか?望んでもいないのに、会社の人とFBで繋がると、そのとたんに居心地が悪くなる。見られたくもないプライベートな写真を…

一般語となった「ブラック企業」を一過性のブームで終わらせるな

以前はネットスラングに過ぎなかった「ブラック企業」という言葉が、一般紙でも話題になり始めるようになって久しい。ブラック企業(ブラック会社)という言葉は以前からネット界隈では使われており、「2ちゃんねる」のスレッドの書籍化もされている。書籍を題…

残業代を払わない企業の方こそが給料泥棒

毎日新聞で、2人に1人が残業代が支払われていないという記事を目にした。日本の労働市場で蔓延している理不尽の代表が「サービス残業」と称したただ働きである。 労働者の過半数がサービス残業 残業代を全額支払われているのは2人に1人—。労働問題のシンクタ…

ひどすぎる日本の労働環境は世界の非常識

私が海外脱出を決意した最大の理由は、日本の劣悪な労働環境に耐えられなかったからである。私に限らず、同じ理由で海外脱出をした日本人は少なくない。では、日本の労働環境のいったいどこが劣悪なのだろうか? ガラパゴス化している日本の劣悪な労働環境 …

このブログをはてなブックマークに追加  

©2017 だから僕は海外に出る、さあ君も by 佐野由自